まんじゅうまき

MANJU MAKI

  まんじゅうまき

福井伝統の婚礼行事、
まんじゅうまき。

「神明神社 参集殿juju」では披露宴前のセレモニーを行なう場としてお立ち台を設置。
福井伝統の婚礼行事「まんじゅうまき」をはじめ、さまざまな演出をお楽しみいただけます。
プランナーと相談しながら、ふたりらしさをちりばめた”ゲストと一緒に楽しむウエディング”をお作りいたします。

まんじゅうまきとは

結婚式の最後にまんじゅうやお菓子等を新郎の家の2階の窓から盛大に撒くという、
福井県嶺北地方で明治時代後期より始まったとされる儀式です。

もともとまんじゅうは「万寿」とも書かれ、お祝い事に吉事にふさわしい和菓子とされています。
花嫁を見ようと新郎の家に集まった人々に対しまんじゅうを配る習慣が徐々に派手なものになり、
高いところから撒くという形になったようです。